熟女

素敵なアラフォー熟女との出会い

女性の「内面」と「容姿」のバランスがとれた魅力的な年代、それがアラフォーです。

 

パワフルに満ち溢れ光り輝いている10代・20代とは対照的に、温かい包容力のある優しさと知性を兼ね備えているのが30代・40代。

 

アラフォーは、恋愛・仕事・結婚・出産・育児・介護など様々な経験を積み、人生に深みが増す年代です。もちろん、個人によって経験は様々ですが、アラフォーの女性は、大なり小なり試練を越えてきているものです。内面の成長が、自分では意識をしていなくても容姿や振る舞いに反映され、アラフォーの美しさとなって表現されます。

 

最近はアラフォー以上の女性の結婚が話題になっていますが、世間でもアラフォーの女性の魅力が認識されてきています。

 

男性の理想の女性像と言えば、一昔前は「若い」「美人」である事が重要視されていました。

 

しかし近頃は年齢に関係なく内面の成熟度を重視する男性が多くなってきています。成熟度は一概に年齢では推し量る事はできませんが、経験値のあるアラフォー女性は高い傾向にあるのは前述の通りです。アラフォーに女性としての色気を感じるという男性が多いのも頷けます。また、包容力があるので男性が気持ちよく甘えさせてもらえるのも魅力的な一面です。

 

とかく男性は外で強くありたい、見られたいので気を張っています。そんな男性の癒しとなりうるのもアラフォー女性ならでは。もし年下男性ならば、アラフォー女性には年下女性にはない魅力(大人的なエロス・母性など)を感じることでしょう。

 

そして男性は安心して自分をさらけ出せるので、アラフォー女性に対して身も心も虜になる可能性が高いかもしれません。

 

また、もし男性が女性と遊びで付き合いたいとした場合も、「物分かりが良い」という点でアラフォー女性に期待が大きいかもしれません。10代・20代の女性では、ほとんどの場合遊びは許されません。

 

気の重い付き合いを嫌う男性の場合は、フランクに付き合えるアラフォー女性を選ぶことも多いようです。男性にとっては、容姿もほどほどで内面も釣り合う、別れ際には潔いアラフォーは好都合です。実際、深い関係を嫌うアラフォー女性もいるので、男女関係の立場としては「良い悪い」ではなくお互いの気持ちに即した関係になれるのかもしれません。

 

また、アラフォー熟女女性は、相手を思い遣る事のできる大人の対応はもちろん、会話でも豊富な知識・気の利く笑い話・的確な聞き役などが出来ます。そして礼儀やマナー、言葉使いもきちんとしていて信頼があります。これらは色々な勉強や努力をしてきたからこそ出来る事ですが、さらに自分流にスマートにこなせるようになる(=板につく)のがアラフォーです。

 

一方、困った時やピンチの時も冷静に対処できたり、指示を出したりできるのもこの年齢ならではです。落ち着いた的確な判断ができるのも色々な経験や知識があってこそのものです。社会的にも家庭的にも頼りになる存在です。

 

最近は、自分磨きにも余念のない、颯爽としたスマートな身のこなしのアラフォー熟女が出会いSNSにも多くなりました。これから、続く10代・20代が良い影響を受けてどのような進化したアラフォー熟女になっていくか楽しみです。熟女出会い

 

熟女出会い掲示板

独身時代に戻って熟女出会い掲示板での出来事を後悔しているので、やり直したいです

 

もし、神様に1つだけお願いできることがあるとすればそれは独身時代に戻りたいという事をお願いしたいです。

 

今の家庭に不満があるわけではなく主人も優しいし子供2人も可愛いので大満足なのですが、1つ本当に後悔している事があります。

 

それは独身時代に正社員として十分な給料を貰っていてボーナスだって今では考えられないくらいの金額を貰っていたのにも関わらず、全く貯金をしない上にあればあるだけ使っていたので、あのときに計画性を立てて貯金をしていれば少なくとも今の暮らしが楽だったことと思います。

 

家出したことも後悔しています。

 

当時は大金を自由に使えることが本当に楽しくて毎日ショッピングをしていたり化粧品を月に3万円くらい使っていたり、美容院だって1ヶ月に1回行って綺麗にしていました。洋服も金額を気にしないで購入する事も多く、お金もどんどん口座から引き出していたのですが、月末までにお金が足りなくて給料日まで指折り数える生活なんてした事もありませんでした。

 

今では本当に考えられない生活ですし、母親になって自分の母親にお金のことでどれだけ苦労を掛けたかという事が身にしみて分かりましたので、そんな支えてくれた母親にお金がたくさんある時代に旅行につれていったりプレゼントをしたりすれば良かったと思います。

 

また性格上引っ込み思案な性格だったので、学生時代から友達は少なくて飲み会に行ったりカラオケに行ったり、女友達同士で日常的に行われているであろう事が、私にはほぼ経験がなく独身時代が終わりました。

 

もっと習い事や色んな事に挑戦していれば自分の周囲も少し変わっていただろうにと思うと、もっと身軽なうちに行動をしておけば良かったと思っています。もし神様がその頃に戻してくれるとしたら、好きなことにたくさん挑戦してみたいし、母親にも今までして貰った分恩返しがしたいし、でも将来のために貯金もしたいしとやりたいことがいっぱいです。

 

熟女出会い掲示板の神様に独身時代に戻して貰ってその後は今の家庭があってある程度蓄えもあってとなれば、もう少し色々なことを子供にしてあげられるし、母親とのいい思い出がもっと増えると思うし友達もたくさんいただろうし、という申し分のない生活を送れるのではないかと思います。

 

歩んできた道は間違いではないのですが後悔していることを全てやり直せて自分がいい方向に行くんだったら、ぜひ熟女出会い掲示板の神様にお願いして独身時代に戻って自分を見つめ直して、今度は悔いのない人生を送って胸を張って歩んでいきたいと思います。

 

熟女の願い

熟女が叶えたい願い事は、会えなくなった友人が生きていた頃に戻りたいと言うことだ。
この頃私は県外でバンド活動をしていたのだが、沢山の友人に囲まれ毎日楽しく活動していた。
あの頃は遠い将来に会えなくなってしまう友人が出てくるとは思っていなかったため、よくケンカをしてなかなか素直に謝ることができないままでいることが多かった。
しかしそれでも私たちは次会うときにはいつも通りのやり取りができるほど関係が元通りになるため、『いつでも謝れば許してもらえる』と考えていたのだ。
ある日、高校を出てから初めてその友人に会う機会があった。懐かしさからいつものじゃれあいややり取りが懐かしく感じ、高校時代に戻ったような気持ちになった。
その時会ったのは、その友人が結婚をすると私に報告をするためだったのだが、またしても私は学生時代のノリでからかってしまい友人を怒らせてしまったのだ。
ここまでは今まで通りの流れだったのだが今回ばかりは友人に電話をしても繋がらず、ただただ時間が過ぎていった。

 

私もあまりに友人が私のことを拒むのでむきになってしまい、しばらく電話をするのもメールをするのもやめようと思った。
それから3ヵ月後東日本大震災が起きた。幸い、私の住んでいる所は日本海側で何ともなかったのだが、高校時代のバンド仲間はみんな太平洋側に住んでいる。

 

私はあの時必死だった。何度かけても繋がらない電話にイライラし、友人の安否が分からないまま過ごす不安。なかなか眠れない毎日が過ぎ、ようやく友人から電話がかかってきたのは震災から半月後のことだった。
電話をかけてきてくれたのは、ケンカしたままでいた熟女の友人の母親だった。私は嫌な予感がした。わざわざ母親が電話してくると言うことは、友人に何かあったのではないだろうかと。

 

話を聞いていくと、頭が真っ白になってしまい私はスマホを落としてその場に倒れこんでしまった。
『津波にのまれてしまった。』
信じたくなかったが確かにそう言った友人の母親の声は震えていて、私が今すぐそこに行かないとどうにかなってしまうのではないかと感じるほど悔しそうな声を上げていたのを覚えている。

 

私は友人が助かるように毎日神社にお参りに行っていたのだが、震災の翌月に友人の遺体が発見された。
あれから数年が経ち、三月になるとバンド仲間とは必ず集まるようにしている。しかし、一人足りない事実が毎回寂しさを蘇らせる。
いつかまた会いたい。ケンカしたままで合えなくなってしまったからと言うのもあるが、許してもらえなかったとしても生きていて欲しかった。
友人が生きられなかった年月を私は今生きているが、友人の分もしっかり生きていこうと決めている。
神様が願いを叶えてくれるなら、どんなことでもすると思う。

 

あれも欲しいし、これも欲しい。こうなりたいし、ああなりたい

 

人には沢山の夢や叶えたい欲望というものが存在しています。

かくいう私も叶えたい事柄は沢山あります。
例えば、小学生の頃からずっと羽根がほしいと思っています。所謂鳥のような白い翼がです。
空を自由に飛んでみたいし、ゲームに出てきたキャラみたいにきっと綺麗だから。
例えば、どこかの異世界に召喚されたい、というのもあります。
ここではないどこかで、まるでゲームの主人公のように勇者だ英雄だと称えられモンスターをバッタバッタと倒す...。

 

例えば、暗黒の世界からの追跡者から追われ、闇の力が目覚めてどうとかこうとか。

 

それらはすべて子供の頃に願ったことで、きっといつか実現すると思っていたこともありました。

 

けれど、もし、もし本当に一つだけ神様が願いをかなえてくれるならば。私は何を願うだろうかと考えました。そうして出てきた答えは、子供の頃に戻りたい、でした。
決して今が不満や不幸というわけではなく、夢を諦めてしまった事が唯一の心残りだからです。
私は小学生の頃から夢を一つ持っていました。初めて見たアニメで、その存在を知ってからずっと夢を見続けていました。
その夢とは、声優になること、でした。声優になって、この世には存在しない勇者やお姫様、可愛い女の子や凛々しい騎士など、様々な自分になりたいと思い続けていました。
小学生の頃声優という職業に出合ってから、卒業文集も二十歳の自分へ宛てた手紙も全て声優になりたいというメッセージを綴ったのを覚えています。

 

けれど、その夢は高校を卒業する寸前に諦めざるを得ませんでした。
ずっと応援していてくれた両親が私を東京へ行かせる資金がないと打ち明けたからです。
理由としては、私の家は農家で、両親の結婚が遅く祖父母が働けない程のお年寄りで、子供二人を養い、私と兄を私立の高校へ入れたからでした。
農家と言っても電照菊を両親だけで栽培し、祖父母と子供二人を養っていくのはとても大変で、私の高校卒業を機に働いてほしいと言われました。

 

なので、もし過去へ戻ってやり直せるのだとしたら私は私立なんかへ行かず公立の高校へ入りバイトをして家計を助け、貯めたお金で東京へ行って声優の学校へ通いたいです。
今も声優さんが大好きで、自分の周囲の友人より声を聞き分けることには自信があります。
自分と同い年の声優さんの声を聴くと、もしあの時ああしていれば私も声優になれていたかもしれないなあ、と思うこともあります。
なので、もし神様がひとつ願いをかなえてくれるのならば、私は過去へ戻って色々やり直して声優の道へ進みたいです。http://www.nenkin.go.jp/oshirase/topics/2015/20150216-02.html

 

出会い系の人妻の満たされない感情に寄り添って何でもしてあげる

サラリーマンで中堅会社の営業マンの俺は転勤で大阪に来た。
単身赴任で小さな賃貸マンションに越してきてから3年が過ぎた。
嫁も子供も東京にいるので、月に1回は向こうに帰る様にしている。

 

俺は正直、この単身赴任用のワンルームマンションの自由な暮らしが気に入っている。
梅田まで電車で5分だしマンション前は大きなスーパーや食べ物屋や飲める店も多く、生活に困らない。
本当に自由だ。40歳で単身赴任というのはなかなか良い身分と思う。

 

あっちの方だって欲求不満だ。初めは物珍しさもあって風俗で遊んでみたけど、これはなかなか金が続かない。
それに女の子の営業スマイルや演技が哀しい。

 

嫁はもともと淡白で一人でも暮らせる女だ。でも俺は性欲は強い。やっぱり女の肌は恋しい。

 

そんなこともあって大手の出会いサイトに登録してみた。
PCMAXというサイトには中高年の人妻が多い。

 

ハッピーメールやワクワクメールもいいが素人人妻はPCMAXが一番相性がいい。

 

アダルト掲示板で今日の相手を探している女は風俗業者の確率も高い。欲望を満足させるだけならそれでもいいが。素人の遊びたい人妻をゲットする。

 

その楽しさに最近はまっいる。
やっぱりお互いの背徳感で感情が燃え上がると興奮する。

 

人妻は素人のアダルトな付き合いに興味があるけど怖がっている。
だから日記や食事から入る。何とかホテルまでたどりつけば、人妻の乱れ方は半端では無い。

 

俺はこの人妻の変化が好きだから、そして興奮するから梅田を中心に
人妻と逢瀬を楽しんでいる。

 

日常に感じたことを日記に書いて、コメントをもらう。そんなコメントくれた人妻の日記もすぐに読んであげる。

 

人妻の書いているプロフィールを読めば、素人の人妻かは大抵わかる。

 

 

1週間前から時々日記でコメントしあっている大阪在住の40代のユリさんと会うことにした。
彼女も旦那が仕事の虫で欲求不満気味であることを日記で綴っていた。

 

一人の子供は東京の大学生になってアパート暮らし。旦那は海外に長期出張で殆ど日本にいない。寂しいけど一人で家を守っている様だった。

 

「一回梅田のスタバで話しません?」
俺は軽くメッセージを送る。

 

「どうしようかな〜」こんなメッセが返ってきた。これは脈あり。

 

「ランチ食べません。おごりますよ。
俺も一人なんで、悩み聞いて欲しいし。」
「わかった、明日の11時に丸ビルのスタバで。」

 

日記でやり取りしてるからお互い全く知らないわではない。
そして俺は中堅会社の単身赴任の既婚サラリーマン。

 

リスクは低いと感じたんだろう。

 

当日彼女はやってきた彼女は40代というがぱっと見には30代に見える。
セクシー系の人妻でお尻の形が良い。

 

この様な自分磨きに金をかけている人妻は欲望が大きいのでなかなか満たされることが無い。
そして自己顕示欲が強い。
だからとにかく話を聞いて、全て肯定してあげる。

 

ツボにハマれば極上のセフレになる可能性も高い。
もちろん相手のお眼鏡にかかるかどうかだが。

 

「ユリさんて思ったより若くてびっくりしました。」
「やーだ。そんなこと無いわよ」

 

謙遜しているが胸に大胆にスリット入ったピンクのトップスでスカートも膝上5cmぐらいの紺のタイトスカート。
首にはスカーフを巻いている。

 

俺はこの人妻を急にモノにしたくなった。

 

少し高級なイタリアンランチに誘って席についた。
お腹を膨らませて、アルコールを飲ませて、話を聞いてあげていい気持ちにさせる。

 

これは人妻を落とす鉄則だ。

 

 

「ユリさんて奇麗だけど凄いモテルんじゃない?」

 

「そんなこと無いわよー。寂しいもんよ。」

 

「俺の日記を読んでくれていつもありがとう。」

 

彼女の目を見てにっこり微笑む。

 

「俺時々アダルト日記書くでしょう。」

 

「俺、あれユリさんを想像して書いているんだ。」

 

一時間ぐらいワインを飲みながらピザやシーフードを食べた。

 

ユリさんの胸もとがピンクに染まってますますセクシーになってきた。

 

「ユリさん。俺・・」「何?」
ユリさんは次の俺の誘いを待っている気持ちがビンビン伝わってくる。

 

「ホテル行かへん。俺ユリさんが好きになった。」

 

ユリさんはにやって笑って快諾。
「そうね、楽しもうか〜」

 

俺は速攻でラブホを用意してタクで向かった。

 

車の中では運転手に聞かれたくないから話はしない。その代わりユリさんの手をそっと握った。

 

ユリさんも握り返してくる。割と広めのダブルベッドの部屋に入った。

 

ユリさんも久々なのか興奮してきたみたい。

 

俺はユリさんのトップスの胸の谷間をはだいて形の良い乳頭に吸い付いた。こりこりと舌で愛撫する

 

そして右手でユリさんのパンツの中に指を滑らせ、少しずつ割れ目に指を這わしていく。クリちゃんに軽くタッチすると蜜が溢れてくる。

 

ユリさんが怒張した俺の股間にタッチしてきた。

 

そして俺の頭を片手で抱え込む・
「素敵よ。気持ちいい。日記で書いていることをしていいのよ。」

 

ユリさんはそう言うと俺の耳を舐めまわし始めた。俺の欲棒も引っ張り出して激しい手こきを始める。

 

すぐに逝きそうだ。

 

「ゆりさんちょっとタイム。」

 

俺はそう言って怒張して巨大になった欲棒にゴムをつけた。

 

「用意いいのね。ご褒美にフェラしてあげる。」

 

ユリさん淫乱な唇や舌が俺の欲棒を舐めまわした。

 

俺は強引にユリさんのパンテイを引きずり下ろした。
そして秘部に口をつけて舌を堅くしてクリ付近を舐めまわす。舌を秘部に出し入れするとユリさんは快楽でよがり声を上げ始めた。

 

「あーん。溶ける。気持ちいい。もっとー」

 

ユリさんは両手で俺の頭を秘部にぐいぐい押当てる。

 

秘部からは蜜が滴り落ちている。この人妻も淫乱だ。飛び切りの快楽を与えよう。

 

俺は女の秘部に怒張した欲棒を突き立て、激しく前後に動かした。秘部がぎゅっとしまって、俺の精子を搾り取ろうとする。

 

煌めくような快感で俺は不覚にも逝ってしまった。

 

ユリさんは肩で大きく息をしながらも、抱きついておねだりをしてきた「。

 

「なによーもっと楽しませて」

 

この後3時間、淫乱な宴が続いた。そしてセクシーな人妻をゲットできた。
人妻も彼氏を欲しがっていたので、一石二鳥です。
彼氏欲しい